短歌講座

挨拶 / つな

わたくしは、判者様にお仕えする神使しんしの「つな」ともうします。
判者様がより短歌の世界に親しめますよう、歌詠み衆に解説をおねがいいたしました!
どうぞごゆっくりごらんくださいませ!



短歌とは / 実臣

「短歌」っていうのは、すごく簡単に言うと「5・7・5・7・7」の5句31音で構成されている詩のこと。「うた」と略す場合もある。
1首いっしゅ2首にしゅ)」なんて数え方をする。 「1句」と数えると、俳句と間違われるから要注意な。短歌での「句」は、5音や7音といった、ひとまとまりのブロックを指すんだ。

俳句と違って、季語を必ず入れなくちゃいけないというルールはない。
ちなみに、短歌を作ることを「む」と言うこともあるんだけど、聞いたことない?  結倉の町で「詠めた!」なんて誰かが言ったら、それは「歌が完成した」って意味だ。

たった5句31音の中に、俺達は無限の時間と想いを込める。
それらを伝えるための技法やルールもありはするけど……その話は、また追々。

前へ 次へ

和歌と短歌の違い / 奏一

和歌のルーツはとても古くて、奈良時代にはすでに、権力者たちの間で5音と7音からなる歌が作られていたんだ。
その頃は、まだまだ「5句31音」という決まりはなくて、長いものや短いもの、それらを組み合わせたもの……色々なスタイルで歌が詠まれていたらしい。
そんな「和歌」は、平安時代になって「5句31音のもの」を示す言葉として認識されるようになり、そこから「和歌」の長い長い歴史が編まれていく。

月日が経ち、時は近代化の著しい明治時代。
「美しい言葉ばかりを盛った、制約の多い「和歌」から抜け出して、個性と自由を重視したものを作ろう」という革新運動が、当時の歌人たちの間で起こった。
この辺りから、「和歌」は革新運動以前の、旧来のスタイルのものを指すようになり、作者の個性を打ち出したものを「短歌」と呼ぶようになっていったんだ。

結倉では、未だに「和歌」のスタイルを継承している家もある。
和歌には和歌の、短歌には短歌の良さがあると、私も感じているよ。

前へ 次へ

「文語」と「口語」 / 舞依

文語ぶんごは、平安時代の書き言葉をベースにしたことば。
口語こうごは、私達がこうやって話してる言葉遣いと、書き言葉がベースのことば。
短歌は、どっちで作ってもいい。
佐波さんの、あの渋い歌はガッチガチの文語。
鷹屋さん、ミコト、桃園くんみたいなのは口語。
私や空谷さんのは、文語と口語がミックスされてる。
伝統的な本とか、そういうスタイルを重視する人たちは「文語こそ最強」みたいなことを言うけど、どれがいいっていうことじゃない。どの歌にもよさがあって、私は面白いって思う。

キミはどう?

前へ 次へ

「旧かな」と「新かな」 / 真秀

「旧かな」は、「歴史的仮名遣い」とも言う。平安時代の文法を元にした表記の仕方。
「新かな」は、別名「現代仮名遣い」。戦後に国が定めたやつ。
さっき、まいが「文語と口語はミックスしてもいい」って解説してたと思う。 文語と口語に関しては僕も好きに詠んでるけど、文字に書く時の決まりはちゃんとしないとだめだから、「旧かな」と「新かな」を1首のなかに混ぜるのはNG。
たとえば、波さん……あー、佐波さんのことね、彼の歌の、

【あかねさす君がふとした時に言ふ「あのね」を思ふ通勤電車】

ここを、【言う】と【思ふ】みたくすると、読んだ人が「この歌は、新かなと旧かなのどちらで表記してあるんだろう?」ってなる。から、よくない。どっちかに統一すべき。

旧かなの読み方がわからない?
……慣れる。そのうち。
あとで辞書貸す。

前へ 次へ

短歌の読み方 / みこと

判者として「短歌の読み方に正解はあるのかな」って悩むこともあるかもしれないけど、俺個人としては、正解なんてないと思ってる。
「5・7・5・7・7」って、句ごとに切って読んでみてリズムを楽しむのもいいし、ばーっと流して読んでみて、全体の意味を掴むのもいい。
ストレートな歌もあれば解釈が分かれる歌もあるし、一回読むだけじゃ分からない歌なんかもあったりするから、あなたの好みと直感を信じればいいよ。

短歌は詩で、詩は文学で、文学は人の営みそのものだと思う。
数式みたいに、解は一つじゃない。だから、自由に楽しんでいい。

前へ 次へ

主な技法 / 林吾

うぉぉ、先輩に解説するとかキンチョーする!!!
えっと、「字余り」は、字が余ることっす。5音のところを、6音にするとか7音にするとか!
で、「字足らず」は、字が足らないこと。読むとき、ちょいムズッてするから、先輩ならきっとすぐわかります!
「句またがり」は、ひとつの言葉が、なんか次の句に侵入すること!
たとえば、マホがすっげ好きな塚本邦雄ってめちゃ有名な歌人の歌のー、

【欲望をみなもととして変電所までむらさきの電線けぶる】
(『緑色の研究』)

これを句ごとに切ると、

【(5)よくぼうを・(7)みなもととして・(5)へんでんしょ・(7)までむらさきの・(7)でんせんけぶる】

になりますよね? 【変電所まで】って言葉が、最後の7音&7音にまたがってる的な状態なので、これを「句またがり」っていいます!
どれも、いつもの短歌のリズムを崩して、新しいリズムを入れ込む役割がある……って、奏一さんが言ってました。かっけえ。
けど、これはやっぱ技なんで、使う時はちゃんと使う意味も考えねーと的な感じっす!

オレも頑張って使うんで! 先輩っ、チェックしてくださいっ!

前へ 次へ